読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるStartupに勤めるエンジニアの技術ブログ

Salesforce、テスト関係の技術ブログなどを書く予定

Salesforce Summer 東京で開発者コミュニティラボを初開催しました!

Lightning Salesforce

2015年7月24日に開催されたSalesforce Summer 東京にTOKYO Salesforce DUGとしてスペースを貸してもらい、開発者コミュニティラボを初開催しました!(ぱちぱちぱちっ)

タイムスケジュールとしては、こんな感じでした。
f:id:a-kura:20150724155153j:plain

DUGの紹介

まずは、Salesforce DUG 会長の米井さんからDUGの歴史について、ざっくりまとめつつ、DUGの存在意義についてアツく語ってもらいました。Force.comエンジニアの地位向上、エンジニアとしての価値向上、DUGに参加することのメリットなどなど。
f:id:a-kura:20150724152302j:plain

しかし、Meetupを一回しかやらなかった年があるとか、なかなか黒歴史ですね。ちょっとサボりすぎですね。すみません、ごめんなさい、もうちょっと頑張ります…。

Lightning 開発者トーク

Lightning開発者トークでは、Lightning Componentを実際に開発しているオークニーさん、co-meetingさん、テラスカイさん、チームスピリットさんの4社から発表がありました。

オークニーさんからは地図コンポーネントを使ったデモ。
f:id:a-kura:20150724154149j:plain

co-meetingさんからはカンバンコンポーネントガントチャートコンポーネントの紹介とLightning Componentのライブコーディング。
f:id:a-kura:20150724155842j:plain

テラスカイさんからはカレンダーコンポーネントの紹介。
f:id:a-kura:20150724161423j:plain

チームスピリットさんからはTeamSpiritのLightning Component化と領収書OCRコンポーネントの紹介などがありました。
f:id:a-kura:20150726004413j:plain

徐々にLightningコンポーネントが増えていっていますが、日本企業のリリースしているコンポーネントはその中でもクォリティが高いように思います。今後もいろいろ増えていくと思いますので、今後も楽しみです。

Salesforce1 Platformクイズ大会

AppleWatchのかかったクイズ大会は、なかなかの盛り上がりを見せました。「SalesforceのCMに女将として出演している女優さんの名前は?」などSalesforce1 Platformに関係ない問題を織り交ぜながら19問の問題が出題されたりしました。最終的には、運営メンバーを除いて正解数の多かった3名の方からじゃんけんで勝者を決めました(クイズはどうした?)。

f:id:a-kura:20150724164138j:plain

じゃんけんに勝ち残り、AppleWatchを見事ゲットしたのは@lv1hp0 さんでした!おめでとうございます~!ツイ垢見ると、認定上級デベロッパーを持っていらっしゃるようで。ぜんぜんLv1でもHP0でもじゃないっすね^^;
Salesforce DUGの何かに参加したのは初めてとのことなので、今回に懲りず参加してもらえれば幸いです。

Platformテーブルトーク

Salesforce.comの岡本さん、Herokuの相澤さんの開発者向けセッションと重なったこともあり、少なめの参加者によるトークに…。まぁ、開発者向けセッションに行くよね^^;
とはいえ、参加していただいた方とはなかなか濃いトークができたのではないでしょうか?

開発者コミュニティラボの模様

開発者コミュニティラボの模様はこんな感じでした。
f:id:a-kura:20150724155204j:plain

その他の写真は、Salesforce DUG JapanのFacebookグループにアルバムを作って公開していますので、そちらで見ついでにFacebookグループに参加してもらえるといいと思います。

まとめ

今回が初めての開催となったわけですが、急遽決まったことやその他イベントも多く運営メンバーが忙しく十分な準備ができなかったりと準備不足の感もあり申し訳ない気持ちです。
とはいえ、それなりに開発者の方に参加していただき、かつ、これまで知らなかった方にSalesforce DUGという存在を知ってもらえたように思います。まだいろいろできたんじゃないか、と言えば、キリがなくなってしまいますが、今回の経験を次回に活かせていきたいと思います。