読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とあるStartupに勤めるエンジニアの技術ブログ

Salesforce、テスト関係の技術ブログなどを書く予定

Salesforce DUG Tokyo #7に参加してきた!

Salesforce DUG [Tokyo] Meetup #7 - Salesforce DUG Japan | Doorkeeper
参加と言いながら、一応主催者側なので早めに開場入りしてセッティングから。今回は皆さま集まりが早い。

Winter'15リリースノート輪読(@yonet77さん)

DreamforceではLightingやWaveに話題をかっさらわれてあまり新機能がないかな、と思っていてもかなりのボリューム。アクションリンクやオンラインストレージとの連携は地味に普段の使い勝手がよくなりそうなところです。
パイロットのものも結構ありますが、Quick Deployとか早くリリースされるといいですね。

あと、全部やらせてしまって、すみません、すみません、すみません。

Do you known issues ? - Practical use of known issue -(@xlouderさん)

Known Issuesはとりあえずfeedlyに突っ込んでほぼ毎日見てます。
OEMパートナーとしてサポートもしていると結構見てないと、どきどきすることもあったりなかったりとか。レポーターが多いと早く直るかもしれないので、知人の人がレポーターにいたら手伝ってあげるといいかもですね。

$1 Million Hackthon Challenger(チーム、オークニーさん)

今回のHackthonは過酷なものになったようです。
いきなりSwiftBlueToothすれ違い通信に挑戦するとかなかなかのチャレンジャーだったりしたようですが、そのおかげもあって今回の発表内容はProjectXばりのアツい内容でした。

発表ではこんな言葉を残していました。
「体力的にも、メンタル的にも厳しかった…」
「笑顔が消えた…」
「寝袋持参はアメリカン・ジョークじゃなかった…」

もう涙なしでは…。

ついでにMVPな方々に英語でビジネスプラン含めてプレゼンするとかかなりハードな審査だった模様。結果は置いといて、確実に日本にもHackthonの経験が蓄積されているので、来年も頑張りましょう!(いつか参加できるのか。。。)

Dreamforce2014 ~Mini Hack~(@pomu0325さん)

Dreamforceの会場では、Demo Paloozaと呼ばれるハイテンションにS1活用事例をLT形式で発表するところがあるとか。
そして、主に「Mini Hack」のご紹介。なかなかコードレスで作るとかパズル要素があって面白そうです(普段から限界に挑戦していないと分からなそうですが。。。)。また似た問題に出くわすかもしれないので、要学習ですね!

中の人からSalesforce1 World Tour Tokyoについて

2014/12/4はSalesforce World Tour Tokyo - セールスフォース・ドットコムがあるので、空けておくようにとのこと!
なんだかここに書くのは憚れる内容だったので、あとはtwitterまとめでも見てください。

twitterまとめ

twitterのツイートをまとめました。編集可にしているので、追加・削除・デコよろしくお願いします!

enjoy meetup!